ヘアサイクルを知ろう! | AGAは治療しないと治りません!悩むよりもまずは相談!
menu

ヘアサイクルを知ろう!

カラフルな薬

ヘアサイクルは非常に単純なもので、
6年ほどの成長期、半月ほどの退行期、3ヶ月ほどの休止期で構成されています。

AGAはそんなヘアサイクルを短く乱してしまうことで、薄毛が進行していきます。
ヘアサイクルが短くなる要因として、「ジヒドロテストステロン」の働きがあります。
ジヒドロテストステロンは頭皮の血管を収縮させることにより、髪の毛を生み出す「毛母細胞」という部分に充分な栄養が届かなくなります。


髪の毛が自然に抜け落ちるということを経験したことの無い方というのはいらっしゃらないでしょう。
人間の髪の毛は一日に約50〜100本抜け落ちると言われています。
しかし、ヘアサイクルが短くなることにより一日に抜ける本数は日に日に増えていきます。
つまり休止期に入った髪の毛がとても多くなってくるということです。
普通は一日にそれだけ抜けようがそれを補って余りある髪の毛が育っていますので外見には何ら影響を与えません。
しかし、髪の毛が毎日毎日抜け落ちていくことで次の髪の毛が育つまでのタイムラグが発生するために、髪の毛が薄くなっていくということです。

AGA治療を行うことでヘアサイクルを自然なものへと戻すことができます。
そのため、AGA治療を受けましょう!
薄くなってしまった髪の毛をもとに戻すことができます。